第86号  平成21年6月08日発行



第3回リサイクルバザー報告

4月11日(土)オウム対策住民協議会主催の第3回リサイクルバザーが、烏山区民センター前広場で行われました。当日は、気温26度の真夏日と言われる中、大勢の人たちが来場して、大盛況でした。

広場いっぱいに、衣類、陶器・ガラス製品、子ども用品、日用雑貨、食料品、靴、ハンドバック・カバンが並べられ、これほどの品物の揃うバザーは他にないと、来場者からも声をかけられました。値段も新品・中古を問わず10円〜1000円までと、安い事もあり、午前10時から始まり、正午にはほとんど売り切れ状態となり、嬉しい悲鳴でした。

3回目ともなると、訪れる人も欲しい品物を目指して、開始時間まで、そこから離れようとしないので、買い手同志の言い合いに、仲裁に入るなど大変でした。

バザー開催にあたり、住民協議会メンバーに加えて、大勢の町会・自治会の皆さんが手伝って下さいました。そして、区関係の職員の皆さん、異動してしまったのに手伝いに来て下さった方々、多くの人たちのご協力とご支援で今年もリサイクルバザーを成功させることが出来ました。


何よりも、私たち住民協議会の活動に賛同して下さり、品物を寄付して下さいました皆様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

売上金はこれからの活動に役立てて行きます。
【売上金】 521,368円
【募金箱】  18,409円

コラム「声」 第2回 明るく誠実なパワフルお母さん 協議会会員 Sさん

「ひかりの輪、アレフの幹部は特に許せません」「一般信者も、テロ行為をした教団に、今だ在籍していることは、テロ行為を認めていることなので、許せません」オウム真理教が、烏山地域に集団居住を始めた時から、反対活動をしているので、見る眼は確かです。

「信者を社会復帰させて、立ち直させることは大切」と言いつつも「とても難しいことですね」「気持ちでは解っていても、働いている職場で、オウム真理教の信者が、身近にいたらいやですね」と正直な気持ちを話してくれました。


終始正面から私の眼を見て話す姿に、誠実な人柄が滲みでています。話を聞いたのは、4月11日の、バザーの準備で忙しい直前でしたので、その話に及ぶと「昨年は、北烏山のお寺の住職さんが、バザーの物品を寄付してくれました」自分の周囲にも、どんどん協力者を広げていく、パワフルお母さんです。「オウム真理教施設の大家さんとも話し合い、解決への努力を」と活動の提案を受け、取材を終えました。

パンフレット
「こんな勧誘にご用心」
 烏山地域オウム真理教(現アレフ)対策住民協議会では、今年も区内大学新入生にカルト対策として、日本脱カルト研究会発行のパンフレット「こんな勧誘にご用心!」を配布します。オウム真理教の信者勧誘は相変わらず続けられています。教団がひかりの輪とALEPH(アレフ)が内部分裂しても、それぞれが巧妙な手口で信者獲得をしようとしています。特に若者たちは、大学のキャンパスや街頭などで、入信させられる危険があります。

 再び、地下鉄サリン事件など、過激な行動の犠牲にならないように、なんとしても若者たちを守ることも、私たちの活動の一つです。

 今年は、以下の大学が配布に協力してくれます。

国士舘大学・駒澤大学・東京都市大学・日本女子体育大学・昭和女子大学・東京医療保健大学・多摩美術大学・日本大学文理学部


住民協議会活動報告


 4月03日(金)
リサイクルバザー寄付品受付
 4月05日(日)
花の丘フェスタ募金活動
 4月10日(金)
リサイクルバザー寄付品受付
 4月11日(土)
第3回リサイクルバザー
 4月20日(月)
「協議会ニュース85号」初校正
 4月21日(火)
実行委員会
 4月27日(月)
「協議会ニュース85号」再校正
5月11日(月)
「協議会ニュース85号」発行

5月07日(木)
事務局会議
5月09日(土)
学習会宣伝ビラ配り
5月15日(金)
学習会広報車活動
5月16日(土)
学習会広報車活動
5月16日(土)
学習会宣伝ビラ配り
5月16日(土)
第18回抗議デモ・学習会
5月20日(水)
実行委員会
5月25日(月)
「協議会ニュース86号」初校正
6月01日(月)
「協議会ニュース86号」再校正
6月08日(月)
「協議会ニュース86号」発行


********住民協議会活動やニュースについての

ご意見・提案をお寄せください。********


あまりにも永い9年間が経過しようとしています。ニュースも年10回発行し、83号になりました。アーレフが分裂し、上祐が「ひかりの輪」を設立した頃までは、マスコミもオウムの事は取り上げていました。しかし、今ではオウム関連の記事をさがすのも難しくなりました。オウムの事に関心のない人であれば見落としてしまいそうな記事が、稀に地方欄に掲載されるくらいです。やがて、世の中の人々の関心がオウムから離れていく事が、とても不安になります。住民協議会ニュースは、そのような時でも、住民のみなさんとのパイプの役割を果たしていきます。

住民協議会の活動は世田谷区民の理解と協力が無ければ続けて行く事は不可能になります。どのような意見や提案でも私達には励みになり勇気が湧いてきます。

お待ちしていますので、よろしくお願いいたします。

文書での送付先は 〒157-0062 世田谷区南烏山6-22-14

         烏山総合支所内住民協議会

メールはmiyazaki@miyazaki-p.co.jpにお願いします。

 協議会ホームページアドレス http://www.kyogikai.jp  
 この協議会ニュースは、皆様の募金により発行されています。  
 本紙についてのお問い合わせ:世田谷区南烏山6-22-14烏山総合支所内住民協議会 電話03(3326)6134
  次号の発行は、平成21年6月8日 (月) の予定です。
ページトップ