第80  平成20年11月24日発行



第17回抗議デモ・学習会アンケートの集計


【実施日】  2008年11月8日(土)

【回収枚数】 72枚

【開催情報の入手方法】協議会ニュース13 、チラシ8 、

 広報車2 、町会自治会回覧40 、その他16

【学習会及び協議会活動への感想】

・オウムへの関心が薄れてきたことは否めない。が、高橋さんの話を聞いたりデモに出て、当時の記憶がよみがえってきた。

・分かりやすい内容や好感が持てる講師に会え、チラシ等の配布手伝いくらいはできると感じた。

・活動の継続の重要性を改めて認識した。これからも活動を続けていく。被害者の悲しみや怒りのためにも!

・大変素晴らしい内容でした。高橋さんの話には勇気をもらった。素晴らしかった。

・町会の1枚のポスターから、日常に追われて見落としがちな日本の安全を考える第一歩を踏み出せた。とても有意義だった。

・地域の安全のために頑張ってください。若い方々の参加や活動していただけるような取組が大切である。

・高橋さんの生の声を聞き、無念さが伝わってきた。だんだん参加者が少なくなってきているようだ。

・オウム問題の広がりと深さを感じた。国が救済するのは当然だ。オウムが解散することと、賠償金を払い続けることの矛盾が残ってしまう。

・サリン被害者の戦いは本当に長いものだったし、まだこれからも大変な戦いだと思います。私たちも同じようにとはいかないが、頑張っていきたい。

・今後は「団体規制法」「観察処分」に関する学習内容も行ってほしい。

・ドキュメントフィルムを見せていただき、サリン事件など国が考えなければと思いました。

※学習会当日、高橋シズヱ氏から著書「ここにいること」の売上金を協議会に寄付していただきました。

住民協議会活動報告
********住民協議会活動やニュースについての

ご意見・提案をお寄せください。********


10月26日(日)  「芦花まつり」で募金活動

11月1・2日(土・日) 粕谷区民センター文化祭会場で募金活動
11月 1日(土)  笑顔世田谷会場で募金活動
11月 1日(土)  学習会のチラシ配布活動
11月2・3日(日・月) 上北沢区民センターで募金活動
11月 6日(木) 事務局会議
11月7・8日(金・土) 学習会広報活動
11月 8日(土) 学習会のチラシ配布活動
11月 8日(土) 第17回抗議デモ・学習会
11月10日(月) 「団体規制法」 存続 「観察処分」 期間更新の要請行動
11月14日(金)  「協議会ニュース80号」初校正
11月17日(月) 「協議会ニュース80号」再校正
11月18日(火) 実行委員会
11月24日(月) 「協議会ニュース80号」発行


あまりにも永い7年間が経過しようとしています。ニュースも年10回発行し、79号になりました。アーレフが分裂し、上祐が「ひかりの輪」を設立した頃までは、マスコミもオウムの事は取り上げていました。しかし、今ではオウム関連の記事をさがすのも難しくなりました。オウムの事に関心のない人であれば見落としてしまいそうな記事が、稀に地方欄に掲載されるくらいです。やがて、世の中の人々の関心がオウムから離れていく事が、とても不安になります。住民協議会ニュースは、そのような時でも、住民のみなさんとのパイプの役割を果たしていきます。

住民協議会の活動は世田谷区民の理解と協力が無ければ続けて行く事は不可能になります。どのような意見や提案でも私達には励みになり勇気が湧いてきます。

お待ちしていますので、よろしくお願いいたします。

文書での送付先は 〒157-0062 世田谷区南烏山6-22-14

         烏山総合支所内住民協議会

メールはmiyazaki@miyazaki-p.co.jpにお願いします。



 協議会ホームページアドレス http://www.kyogikai.jp  
 この協議会ニュースは、皆様の募金により発行されています。  
 本紙についてのお問い合わせ:世田谷区南烏山6-22-14烏山総合支所内住民協議会 電話03(3326)6134
  次号の発行は、平成20年12月22日 (月) の予定です。
ページトップ