第77号  平成20年7月21日発行



野田市オウム施設取材記


6月26日、前日の雨がまだ残っている中、野田市に新しくできたオウム施設の取材に出かけた。いつもの通り、飛び込み取材だ。高速を柏インターでおり、16号線の道沿いに注意を払いながら野田市内に向けて車を走らせたが、周りは工場やガソリンスタンド、新興宗教の駐車場や体育館で、すべてがドデカイ。住所だけを頼りにここでオウム施設を探しだすのは難しいと、工場わきにあった小さい事務所に入り、オウムの施設が近くにないかを尋ねた。事務員は知っていた。オウムが引っ越してきたのは市のチラシを見てはじめて知ったと、場所を細かく教えてくれた。
教えられた建物は、周りの大きな建物群に隠れてしまうほど小さな二階建てで、すぐ隣りの小さな建物と対をなしていた。窓にはカーテンがひかれ中は窺い知れない。郵便受けは 「宝樹社」 となっており、オウムの片鱗も見受けられない。隣で伺い、ようやくオウムの施設と確認できた。隣の方は、「彼らは去年の夏に引っ越してきたが、オウムとは気が付かなかった。暮れに、公安調査庁の立入検査や市のチラシでオウムと知った。

夜中に、今ならマントラと思える妙な声がしたり、車の出入りが激しかったりしたが、大きなもめごとはなかった。当初は数人位、そのうち10人前後になり、特に休日前日は多い。建物は、競売物件を買い取ったものときいている。」 など、仕事の合間に色々教えてくれた。

市がオウムを掴んでいるとの情報で、16号線をさらに進んで市役所に向かった。事前連絡もなく伺ったが、担当の市民生活課が対応してくれた。このオウム施設は、最初は食品班、その後はメディア班も使っているとのこと等々、隣の方の情報も確認できた。野田市のオウムへの対応として以下を説明してくれた。

? 情報の収集(公安調査庁との連絡、市町村連絡会への参加)
? 情報提供(自治会を通した市民への情報提供)
? 防犯パトロールの実施(月〜金の週5日1日5時間、
警察OBが実施)
_立入検査当日に、オウムが来ていたのを公安調査庁の1本の電話で知り、即座に自治会長に連絡をいれて周知したり、都度、情報提供チラシを配るなど、市の動きはスバヤイ。また、仕事の合間に嫌がらずお話を聞かせてくれたお隣の方や、取材の取っ掛かりになってくれた事務員の方。今回の取材は野田市への好印象を大きく残した。オウムは、車社会やハイウエイの盲点を突いて施設を増やしていると感じた取材であった。

各種イベント・お祭りでの募金にご協力ください。


各地域に出向き、オウム真理教と対決するための資金のご協力をいただいている活動も7年目になります。
「オウムに負けないでガンバッテね!!」 「住民協議会があるから安心してます」 「永い間ご苦労さま、少ないけど募金します」 という励ましの言葉や、様々な出合いがあるのでこれまで続けてこれました。
新聞、テレビ、週刊紙などへのオウム真理教(ひかりの輪・アレフ)に関係する記事や、画像の露出も、一時にくらべれば極端に少なくなりました。それに伴い、オウム真理教への関心も薄れていくことへの危機感もあります。

住民協議会の募金活動は、イベントなど、たくさんの皆さんが集まる場所で行動することによって、住民協議会の活動に関心を持っていただく事と、活動資金を集める事につながると考えています。
各地域のイベント、お祭の関係者の皆さん、今年もよろしくお願いします。地域住民の皆さん、募金活動をしている姿を見ましたら、ご協力よろしくお願いいたします。

住民協議会活動報告
********住民協議会活動やニュースについての

ご意見・提案をお寄せください。********


6月26日(木)  千葉県野田市オウム施設へ広報取材

7月 3日(木)   事務局会議
7月 7日(月)  「協議会ニュース77号」初校正
7月14日(月)  「協議会ニュース77号」再校正
7月16日(水)  協議会学習会
7月18日(金)  実行委員会
7月21日(月)  「協議会ニュース77号」発行


あまりにも永い7年間が経過しようとしています。ニュースも年10回発行し、76号になりました。アーレフが分裂し、上祐が「ひかりの輪」を設立した頃までは、マスコミもオウムの事は取り上げていました。しかし、今ではオウム関連の記事をさがすのも難しくなりました。オウムの事に関心のない人であれば見落としてしまいそうな記事が、稀に地方欄に掲載されるくらいです。やがて、世の中の人々の関心がオウムから離れていく事が、とても不安になります。住民協議会ニュースは、そのような時でも、住民のみなさんとのパイプの役割を果たしていきます。

住民協議会の活動は世田谷区民の理解と協力が無ければ続けて行く事は不可能になります。どのような意見や提案でも私達には励みになり勇気が湧いてきます。

お待ちしていますので、よろしくお願いいたします。

文書での送付先は 〒157-0062 世田谷区南烏山6-22-14

         烏山総合支所内住民協議会

メールはmiyazaki@miyazaki-p.co.jpにお願いします。



 協議会ホームページアドレス http://www.kyogikai.jp  
 この協議会ニュースは、皆様の募金により発行されています。  
 本紙についてのお問い合わせ:世田谷区南烏山6-22-14烏山総合支所内住民協議会 電話03(3326)6134
  次号の発行は、平成20年9月15日 (月) の予定です。
ページトップ